Jamboard ハードウェア契約

これらの規約に同意するお客様(以下「お客様」)は、Google LLC、Google Ireland Limited、Google Commerce Limited、Google Asia Pacific Pte. Ltd.、または Google Australia Pty Ltd(以下、該当する場合「Google」)と、サービス(Google Workspace 契約の規定に基づいて定義)について、Google Workspace 契約(以下「Google Workspace 契約」)をお申し込み中であるか、すでに締結済みです。本 Jamboard ハードウェア契約(以下「契約」)は、お客様が契約に署名した日付、または契約に電子的に同意した日付から有効となります。お客様の代理人が代行して同意する場合、代理人は(i)自身の雇用者または該当する事業体を本契約の条項に対して拘束する法的な権限を有すること、(ii)本契約を読んで内容を理解していること、および(iii)当事者に代わって本契約に同意することを表明し、保証するものとします。本契約は、お客様による本サービスへのアクセスおよび使用について規定するものです。

  1. Jamboard ハードウェア サービス

    1. ハードウェア ライセンス。Google はお客様に、本ハードウェアのすべてのアップデートを含む本サービスを使用するためのサブライセンス不可、譲渡不可、非独占的、限定的ライセンスを付与するものとします。この限定的ライセンスには、本契約の条項、および本サービスの使用に関連してお客様が署名するあらゆる購入契約の条項が適用されます。
    2. プロビジョニング。本ハードウェアには配送とセットアップが必要であり、本ハードウェアがお客様のネットワーク上で動作するよう設定する必要があります。また、本サービスはそれぞれのお客様に合わせてカスタマイズする必要があります。お客様は、本ハードウェアおよび本サービスのプロビジョニングに関して、販売パートナー(または販売パートナーの代理人)および Google と協力することに同意します。
    3. 本ハードウェアの変更とアップデート。本ハードウェアは、更新版を Google から自動的にダウンロードおよびインストールする場合があります。これらの更新版は本サービス、および本サービスが動作する本ハードウェアの改善、強化、さらなる進展を目的としたもので、バグの修正、本サービスおよび / または本ハードウェアの機能の拡張、新しいソフトウェア モジュール、および / またはソフトウェアの完全な新規のバージョンという形をとることがあります。お客様は、本ハードウェア上で動作する本サービスのお客様による利用の一環として、かかる更新版を受信すること(および Google に配信を許可すること)に同意するものとします。
    4. プライバシー。本サービスのデータのプライバシーおよびセキュリティについては、Google Workspace 契約が適用されます。
    5. サービス サポート。第 1.7 項および第 1.8 項に従い、本サービスは本ハードウェアで機能するものであり、本ハードウェアが Jamboard ハードウェア サポート終了ポリシー(https://support.google.com/jamboard/answer/7374455)に従ってサポートされている限り、Google は本ハードウェア上で動作する本サービスのサポートを継続的に提供するものとします。
    6. 本契約に基づくハードウェアの非供給。本契約は、いかなるハードウェアの購入、交換、更新、サポートも対象とするものではありません。Google は本契約で、お客様に対してハードウェア、ハードウェアの交換、ハードウェアの更新、またはハードウェアのサポートを提供する義務を負いません。上記にかかわらず、本サービスの操作の改善、強化、さらなる進展に向けて、ハードウェアの更新が必要になることがあります。かかるハードウェアの更新は、バグの修正、機能の拡張、新しいソフトウェア モジュール、および/または完全に新規のバージョンという形をとることがあります。Google は本契約の下でそのような更新を提供せず、お客様がハードウェアを更新し、適切にメンテナンスを行う責任を負います。お客様のハードウェアが更新されなかった、またはハードウェアのメンテナンスが適切に行われなかった場合、本サービスは動作しない、または機能を失う可能性があります。
    7. お客様のハードウェアの交換。お客様はいつでも、Google が規定する手続きを通じて、お客様のハードウェア ユニットで本サービスを使用するためのライセンスを、お客様のハードウェアの交換ユニットに移行することができます。
    8. 権利の留保。明示的に規定される場合を除き、本契約は黙示的または明示的かを問わず、各当事者のコンテンツまたはその他の知的財産に対するいかなる権利も、相手方に許諾するものではありません。本サービスまたは Google Workspace を通じてアクセスされるコンテンツの知的所有権は、該当するコンテンツ所有者の財産であり、適用される法律によって保護されている場合があります。両当事者間においては、Google(および / またはそのライセンサーもしくはサプライヤー)が本サービスに含まれるすべての知的所有権を所有します。
  2. 制限事項

    1. 禁止事項。お客様は第 2.2 項に従い、(a)法律で許可されている場合を除き、本サービスおよび / もしくは本ハードウェア、またはそれらのコンポーネントを改造、変更、改変、逆コンパイル、翻訳、逆アセンブル、もしくはリバース エンジニアリングすること、(b)危険度の高い活動に本サービスおよび / もしくは本ハードウェアを使用すること、または(c)ブランドもしくはその他の所有権に関する通知を削除または変更することを、Google による書面による同意なしに行わず、かつ他者が行うことを許可しないものとします。
    2. サードパーティのコンポーネント。本契約に矛盾する条項を含むオープンソース ライセンスが、本ハードウェアまたは本ハードウェア上で動作する本サービスに含まれるコンポーネントに適用される場合、これらのコンポーネントには該当するオープンソース ライセンスのみが適用されるものとします。本ハードウェアまたは本ハードウェア上で動作する本サービスに含まれるコンポーネントに、これらのコンポーネントのソースコードの提供を要求するオープンソース ライセンスが適用される場合、Google はこれらのライセンスに矛盾しないソースコードを提供します。
  3. Jamboard ハードウェアの技術サポート サービス

    1. お客様による問題の解決。お客様は、お客様またはエンドユーザーによる本ハードウェアの利用に関連し、エンドユーザーまたは第三者からの質問および苦情に対して、自らの費用で対応するものとします。お客様はサポートが必要な問題を Google にエスカレーションする前に、合理的な努力を払ってその解決に取り組むものとします。
    2. Google によるサポート。お客様が上記に従って問題を解決できない場合、お客様は問題を Google にエスカレーションすることができます。
    3. 技術サポート ガイドライン。本サービスの技術サポート サービス ガイドラインは、https://workspace.google.com/intl/ja/terms/jamboard_tssg.html に記載されています。
  4. 免責

    1. 本項で明示的に指定された場合を除き、適用法によって許可される最大限の範囲で、いずれの当事者またはそのライセンサーも、商品性、特定目的への適合性、および権利の非侵害を含め(ただし必ずしもこれに限定されない)、明示的、黙示的、または法定か否かを問わず、一切の保証を行いません。Google は、(I)本サービスの作動中にエラーや中断が生じないこと、または(II)本サービスを通じてアクセスできるコンテンツまたは情報に関して、一切の保証および表明を行いません。
  5. 期間と契約終了

    1. ライセンス期間。本契約に基づく早期終了が適用される場合、本契約の対象となるすべてのライセンスは、(a)本ハードウェア ライセンス開始日、またはハードウェア ライセンス開始日以降に購入されたライセンスについては関連する注文フォームに指定された日付に開始し、かつ(b)Google によって承認された関連する注文フォームに記載された SKU のライセンス期間(以下「ライセンス期間」)中、継続するものとします。現行のライセンス期間中(以下「既存ライセンス期間」)に追加のライセンスが購入または取得され、そのライセンスが、以前に Google によって承認された注文フォームに記載された SKU に対応する場合、そのライセンスは既存ライセンス期間の終了日(該当する場合)までの案分となります。
    2. 契約期間。本契約はハードウェア ライセンス開始日に開始し、すべてのライセンス期間の終了日(該当する場合)まで有効に存続するものとします。
    3. 違反による終了。各当事者は、(a)相手方が本契約の重大な違反を犯し、書面による通知の受領後 30 日以内に違反を解消しない場合、(b)相手方が営業を停止した、または破産管理下にあって 90 日以内に破産手続きが終了しない場合、または(c)違反の解消にかかわらず、相手方が 3 回目の重大な違反を犯した場合に、本契約の履行を一時停止する、または本契約を終了することができます。
    4. 破産による終了。各当事者は、(a)相手方が債権者とともに、または債権者の利益のために示談もしくは和解を開始した場合、管財人の管理下に置かれた場合、破産もしくは支払い不能を宣告された場合、解散した、もしくは営業を停止した場合、または(b)相手方が法人登録している、拠点を置いている、事業を展開している、もしくは資産を所有している司法管轄区において、類似する事象が相手方に発生した場合に、本契約の履行を一時停止する、または本契約を直ちに終了することができます。
    5. 契約終了の効果。終了通知に別途指定のない限り、終了は直ちに有効になります。また、本契約の終了により、未処理の注文フォームもすべて終了するものとします。本契約の満了または終了をもって、一方の当事者から相手方に与えられた権利は直ちに停止されます(本項に定めがある場合を除く)。
    6. 効力の存続。第 1.8 項、第 2 項、第 4 項、第 6 項、第 7 項、第 8 項、第 10 項、および第 11 項は、本契約の満了または終了後も有効に存続するものとします。
  6. 機密保持

    1. 機密情報の受領者は、機密情報を知る必要があり書面で守秘義務に同意したアフィリエイト、従業員、代理人、または法律顧問以外には(もしくは、法律顧問の場合は別段の制約がない限り)、機密情報を開示しないものとします。受領者は、かかる人物および事業体が本契約に基づく権利の行使および義務の履行のみを目的に機密情報を使用し、かつ機密情報を機密に扱うことを保証するものとします。受領者は法律で要求された際、法的に許可される場合は開示者に妥当な通知を行ったうえで、機密情報を開示することができます。
  7. 補償

    1. 定義
    • 7.1.1. 「免責補償」とは、(i)補償当事者により承認された和解金、ならびに(ii)管轄裁判所により最終判決で裁定された被補償当事者に対する損害および費用を指します。
    • 7.1.2. 「第三者の訴訟手続き」とは、裁判所または政府法廷で無関係の第三者によって提出された正式な法的手続き(民事、行政、調査、または上訴の手続きなど)を指します。
  8. 義務。
  • 7.2.1. Google の義務。本ハードウェア上の本サービスを提供するために使用された Google の技術(オープンソース ソフトウェアを除く)をお客様が本契約に従って使用したことが、第三者の知的所有権を侵害しているという申し立てに起因する範囲で、あらゆる第三者の訴訟手続きにおいて、Google はお客様およびそのアフィリエイトを抗弁し、かつ免責補償を行うものとします。
  • 7.2.2. お客様の義務。適用される法律によって禁止されていない限り、および主権免除を放棄することなく、お客様は以下に起因する範囲において、第三者の訴訟手続きで Google およびそのアフィリエイトを抗弁し、免責補償を行うものとします。
    • (i)第 7.3 項に規定されるとおり、お客様の行為に基づいて Google が侵害もしくは不正行為を行ったことに対する申し立て、または、
    • (ii)お客様による第 10.5 項の違反(輸出規制への準拠)。
  • 除外事項。本第 7 項(防御および補償)は、元の申し立てが(a)被補償当事者による本契約への違反、(b)Google 以外の者による Google の技術の変更、(c)Google の技術と Google が提供しない素材との組み合わせ、(d)本契約に基づいて提供される Google 技術の最新のサポート対象バージョンを使用しなかったこと、または(e)お客様による設計もしくは要請に従ってカスタマイズされた機能に起因する範囲には適用されないものとします。
  • 条件。被補償当事者は、第三者の訴訟手続きに先立つ申立てについて、速やかに補償当事者に通知し、かつかかる申立てと第三者の訴訟手続きを解消するために補償当事者と合理的に協力するものとします。本条項の違反により第三者の訴訟手続きの抗弁が損なわれた場合、本項に基づく補償当事者の義務は、損害に比例して減少するものとします。被補償当事者は第三者の法的手続きの補償部分について、(i)被補償当事者が誰の支配も受けない弁護人を自費で任命すること、および、(ii)被補償当事者による責任の認容、金銭の支払い、またはなんらかの措置(もしくは措置の抑制)を必要とする和解は、被補償当事者による事前の書面による同意を必要とし、不当に保留、条件付け、遅延されないことを条件に、補償当事者が自由に裁量できるものとします。
  • 救済措置。Google の技術が知的所有権の申立てまたは第三者の法的手続きの対象となった場合、Google は独自の裁量と自らの費用負担で(i)本契約に従って本サービスの提供を継続する権利を獲得する、(ii)機能を大きく低下させることなく本サービスを変更する、または(iii)本サービスを機能的に同等の代替手段に置き換えることができます。
  • 差し止め命令。差し止め命令により本サービスを継続的に使用できない場合、Google は相応の努力を払い、自らの費用で本項の救済措置のいずれかを提供するものとします。
  • その他。本項の救済措置が商業上合理的でない状況である場合、または差し止め命令から 30 営業日以内に提供されない場合、Google がお客様に通知したうえで、両当事者が実際的な救済措置について討議するものとします。両当事者が討議を開始してから 15 営業日以内に救済措置に同意できなかった場合、(i)いずれの当事者も書面による相手方への通知をもって本契約を終了でき、(ii)Google は、お客様への書面による通知により、本サービスにおいて影響を受けた機能(ただしサービス全体ではない)を終了または中断することが可能で、(iii)本項に基づく本契約の終了後、または本項に基づき本サービスにおいて影響を受けた機能を終了した後 45 営業日以内に、Google は本サービス、または本サービスの終了機能に関して、終了または差し止め命令(より早い場合)のいずれかの後続期間について、Google に支払われた料金を販売パートナー(または該当する場合はお客様)に返金するものとします。かかる期間において、本サービスに関してお客様が返金を受ける資格があるかどうかについては、購入契約の条件が適用されます。
  • 唯一の権利と義務。第 7 項ではいずれの当事者の解約権も損なうことなく、知的所有権に関連する申し立ておよび第三者の訴訟手続きについての、本契約に基づく当事者の唯一の権利および義務について規定されています。
  • 責任の制限

    1. 間接責任に関する制限。本契約に基づいて、いずれの当事者またはそのライセンサーも、利益の損失、または間接的損害、特別損害、偶発的損害、結果的損害、もしくは懲罰的損害が発生する可能性について知っていた、または知り得ていた場合でも、および直接損害が救済措置の要件を満たさない場合でも、かかる損害に対して一切の責任を負わないものとします。
    2. 責任の制限。本契約に基づいて、いずれの当事者も、利益の損失、または間接的損害、特別損害、偶発的損害、結果的損害、もしくは懲罰的損害が発生する可能性について知っていた、または知り得ていた場合でも、および直接損害が救済措置の要件を満たさない場合でも、かかる損害に対して一切の責任を負わないものとします。本契約に基づいて各当事者が負う補償額は、責任が生じた日付からさかのぼって 12 か月の間にお客様が本契約に基づいて Google に対して支払った金額を上限とします。
    3. 制限の例外。本責任の制限は、適用される法律で認められる範囲で適用されますが、第 6 項に基づく機密保持義務の違反、第 7 項に基づく補償義務、および当事者の知的所有権に対する相手方の違反には適用されません。また、上記の各項に規定されている制限は不正行為および詐害的な不当表示、ならびに過失による死亡または人身傷害には適用されないものとします。
  • 広報活動

    1. お客様は、Google が Google の顧客リストにお客様の名前およびブランドを登録できることに同意します。お客様は、本契約の対象となる Google プロダクトまたはサービスの顧客としてのお客様について、Google が口頭で言及できることにも同意します。
  • その他

    1. 通知。終了または違反に関するすべての通知は書面で行い、相手方の法務部に送付するものとします。通知の送付先となる Google 法務部のメールアドレスは legal-notices@google.com です。その他のすべての通知は、英語による書面で相手方の連絡先担当者に送付するものとします。通知は受領した時点で提出したものと扱われ、書面もしくは自動受信、または電子ログ(該当する場合)により確認されたものと見なされます。
    2. 通知。Google は本契約に基づき、(a)通知用メールアドレス宛にメールを送信する、または(b)管理コンソールに通知を投稿することで、お客様に通知を提供できるものとします。お客様は本契約に基づき、Google の法務部(legal-notices@google.com)宛にメールを送信することで、Google に通知を提供できるものとします。通知は(x)相手方がメールを受信したかどうかにかかわらず、メールが送信された時点、または(y)管理コンソールに通知が投稿された時点で、受領されたものとして扱われます。
    3. 譲渡。いずれの当事者も、相手方の書面による同意なしに本契約のどの部分も譲渡することはできません。ただし、(a)譲受人が本契約の条項に拘束されることに書面で同意し、(b)譲渡人が本契約に基づく義務の履行を怠った場合、譲渡当事者がかかる義務に対して引き続き責任を負い、かつ(c)譲受当事者が譲渡について相手方に通知した場合は、アフィリエイトに譲渡することができます。その他のいかなる譲渡も無効となります。
    4. 支配権の変更。株式の購入もしくは売却、合併、またはその他の企業間取引などを通じて、当事者に支配権の変更が発生した場合、(a)その当事者は、変更後 30 日以内に相手方に書面で通知するものとし、かつ(b)相手方は、支配権の変更から書面による通知の受領 30 日後までの間、いつでも直ちに本契約を終了することができます。
    5. 不可抗力。いずれの当事者も、当事者の合理的な制御が及ばない状況の結果として発生した不履行または履行遅滞について責任を負わないものとします。
    6. 輸出規制への準拠。お客様は、輸出規制法に準拠し、輸出規制法で要求されるすべての事前認可を管轄の政府当局から取得するものとします。
    7. 権利の非放棄。いずれの当事者も、本契約に基づく権利を行使しなかった(または行使を遅延した)場合も権利放棄とはみなされないものとします。
    8. 代理権の不在。本契約によって、両当事者間になんらかの代理関係、パートナーシップ、または出資提携が成立することはありません。
    9. 第三受益者の不在。本契約で明示的に定められている場合を除き、本契約によって第三者に利益が与えられることはありません。
    10. 分離可能性。本契約のいずれかの条項(または条項の一部)が無効、違法、または施行不能な場合も、本契約の残りの条項は有効に存続するものとします。
    11. 準拠法
    • 10.11.1. 市、郡、州の政府機関の場合。お客様が市、郡、または州の政府機関である場合、両当事者は準拠法および訴訟原因発生地について黙秘することに同意するものとします。
    • 10.11.2. 連邦政府機関の場合。お客様が連邦政府機関である場合は次の事項が適用されます。本契約は、法の抵触に関係なく、アメリカ合衆国の法律に準拠し、同法に基づいて解釈および施行されるものとします。連邦法によって許可される範囲において、(i)適用される連邦法がない場合は、カリフォルニア州法(カリフォルニアの法選択規則を除く)が適用され、かつ(ii)本契約に起因する、または本契約に関するあらゆる紛争について、両当事者はカリフォルニア州サンタクララ郡の裁判所の人的および専属管轄権に従うことに同意します。
    • 10.11.3. その他すべてのお客様の場合。お客様が第 10.11.1 項または 10.11.2 項に該当しない当事者である場合は、次の事項が適用されます。本契約は、カリフォルニア州の法選択に関する規定を除き、カリフォルニア州法に準拠します。本契約に起因する、または本契約に関するあらゆる紛争について、両当事者はサンタクララ郡の裁判所の人的および専属管轄権に従うことに同意します。
  • 修正。本契約の修正は書面で行い、両当事者によって署名され、かつ本契約を修正するものであることが明示的に記載されるものとします。
  • 矛盾する条項。矛盾がある場合は、(1)本契約、(2)注文フォーム、(3)Google とお客様の間で締結された直接購入契約の順で優先されます。
  • 矛盾する言語。本契約が他の言語に翻訳され、英語の文章と翻訳の文章の間に矛盾が発生した場合は、英語の文章が優先されるものとします。
  • 副本。両当事者は、Google が最初の注文フォーム、またはその後の注文フォームを受け入れることにより、本契約をファクシミリ、PDF、またはその他の電子コピーを含めた副本で締結することができ、正副本の両方で 1 つの文書を構成するものとします。
  • 完全合意。本契約および参照されるすべての文書または条件は、それらの主題に関連して両当事者が合意した条件を定めるものであり、書面または口頭を問わず、かかる主題に関連する両当事者間の過去および現在のあらゆる表明、協議、交渉、および合意内容に取って代わります。本契約の締結の時点で、いずれの当事者も本契約に明示的に規定されているものを除き、(過失または不注意を問わず)声明、表明、または保証に依存しておらず、かつそれらに基づく権利または救済策を有さないものとします。
  • 定義
    1. 「アフィリエイト」とは、一方の当事者を直接的または間接的に管理している、当該当事者によって管理されている、または当該当事者と共通の管理下にある者を意味します。
    2. 「ブランド」とは、各当事者の商号、商標、サービスマーク、ロゴ、ドメイン名、およびその他の特有の表示を意味します。
    3. 「機密情報」とは、本契約に基づいて一方の当事者(またはアフィリエイト)から相手方に開示され、かつ機密として表示されている情報、またはその状況下で通常は機密であると見なされる情報を意味します。機密情報には、受領者がすでに知っていた情報、受領者の責によらず周知となった情報、受領者が単独で開発した情報、または第三者が合法的に受領者に提供した情報は含まれません。
    4. 「支配権」とは、当事者の議決権または持分の 50% を超えて支配することを意味します。
    5. 「エンドユーザー」とは、お客様が本サービスの使用を許可する個人を意味します。
    6. 「輸出規制法」とは、米国商務省が管理する輸出管理規則(以下「EAR」)、米国財務省対外資産管理局が管理する貿易制裁および経済制裁、および米国国務省が管理する国際武器流通規定(以下「ITAR」)など、輸出および再輸出の管理に関するすべての適用法令を意味します。
    7. 「Google Jamboard」とは、エンドユーザーがコンテンツの作成、編集、共有、共同編集、描画、書き出し、およびドキュメント内コンテンツの埋め込みを行うことのできるウェブベースのサービスを意味します。
    8. 「Google Workspace」とは、https://workspace.google.com/intl/ja/terms/2013/1/premier_terms.html に記載されている利用規約、または販売パートナーによって提供される他の利用規約の内容を意味します。
    9. 「ハードウェア」とは、Jamboard モニターを意味します。
    10. 「ハードウェア ライセンス開始日」とは、Google が注文フォームを受理した後で、お客様に対して本ハードウェア上で本サービスを利用可能にした日付を意味します。
    11. 「危険度の高い活動」とは、核関連施設、航空管制、または生命維持装置の運用など、サービスの使用または障害が死亡、人身傷害、または環境被害につながる可能性がある使用方法を意味します。
    12. 「知的所有権」とは、特許法、著作権法、半導体チップ保護法、著作者人格権法、営業秘密法、商標法、不正競争法、パブリシティ権法、プライバシー権法、およびその他のあらゆる所有権、ならびにそれらのすべての適用、更新、延長、および修復の下で、現在および将来に存在する世界的な権利を意味します。
    13. 「通知用メールアドレス」とは、Google からのメール通知を受け取るためにお客様が指定するメールアドレスを意味します。お客様は、このメールアドレスを Jamboard 管理コンソールから変更できます。
    14. 「注文フォーム」とは、お客様(またはお客様の代理人)が本ハードウェア ライセンスについて Google に提出し、かつ注文される本ハードウェア ライセンスの SKU、Google によって請求される本ハードウェア ライセンスの料金、および数量が記載された書面またはオンラインの注文フォームを意味します。各注文フォームには本契約の条項が適用されます。
    15. 「購入契約」とは、お客様が販売パートナーから(または限られた状況では Google から直接)本サービスを購入する際の個別の契約を意味します。つまり、Google は購入契約のいずれの条項にも拘束されず、またはそれらに対して責任を負わず(ただし、Google とお客様が購入契約を直接締結した場合はその範囲で拘束され、責任を負います)、かつお客様に対する本サービスの提供、または販売パートナーによる管理者アカウントへのアクセス(該当する場合)に関する販売パートナーとお客様の間の義務は、購入契約においてお客様と販売パートナーの間でのみ合意されるものであり、本契約の範囲外です。
    16. 「販売パートナー」とは、Google の該当する流通チャネルまたは販売パートナー チャネル内で指定され、お客様に本サービスを提供できる者を意味します。
    17. 「サービス」とは、Google Jamboard のサービスを意味します。
    18. 「期間」とは、すべてのライセンス期間の総称です。